プロポリスを使用しない方がいい症状

プロポリスは、健康効果や美容効果に優れている健康食品です。
抗酸化物質が豊富に含まれているので、アンチエイジングのために摂取しているという方も多いのではないでしょうか。

プロポリスは「天然の抗生物質」といわれるほど、素晴らしい効果があります。
副作用が少ないプロポリスですが、プロポリスを使用しない方がいい症状をお持ちの方がいらっしゃいます。

それは、蜂アレルギーをお持ちの方です。
過去に蜂に刺されて、アレルギー症状が出た方はプロポリスを摂取することはできません。
これに併せてご紹介したいのが、プロポリスを摂取できない方についてです。
プロポリスを摂取できない方は、妊娠中の方や授乳中の方です。
プロポリスには、多くの栄養成分が含まれています。
しかし、お腹の赤ちゃんにどのような影響を与えるのか、またプロポリスが母乳を通じて赤ちゃんにどのような影響を与えるかについては、詳しくわからないのです。
妊娠中や授乳中の方で栄養を摂りたいという方は、プロポリス以外の方法で摂るようにしてくださいね。

また、一歳未満のお子さんも、プロポリスを摂ることができません。
それはプロポリスにボツリヌス菌が含まれているからです。
ボツリヌス菌が赤ちゃんの体内に入ると、毒素を発生させてしまいます。
ですから、一歳未満の赤ちゃんにプロポリスを与えるのは絶対にやめてください。

プロポリスを摂取すると、一時的に体調が崩れる場合があります。
それは、好転反応である可能性があります。
好転反応とは、栄養成分を摂取したことで、体内にある毒素が体外に排出されることにより、一時的に頭痛や下痢などの症状が起こることです。
好転反応が起こった場合にはプロポリスの使用を中止して、体調が落ち着いたら少量ずつ再開してください。

プロポリスによる好転反応なのか、副作用なのか分からない場合もあるかもしれません。
プロポリスを中止して、また摂取を再開したときに体調が悪くなってしまった場合は副作用である可能性が高いので、プロポリスの摂取を中止してくださいね。