ヨーロッパタイプのプロポリス

プロポリスの産地は世界各地にありますが、その中でも人気のエリアがあります。
それが、ヨーロッパのプロポリスです。
高品質のプロポリス=ブラジル産というイメージがありますが、ヨーロッパのプロポリスはブラジル産のプロポリスとどう違うのでしょうか?
二つの産地のプロポリスを比較しながら、ご紹介していきます。

まずは、ブラジル産のプロポリスです。
ブラジルのプロポリスが良質と言われている理由は、ブラジル特有の風土と大きく関わりがあります。
ブラジルは豊かな密林があり、薬効の高い植物が今でも多く自生しています。
そのような場所では、バクテリアやウイルスも多く存在しています。
ブラジルのミツバチはこのような外敵から巣を守るために、質の高いプロポリスを作って巣を守っているのです。
プロポリスに使われている成分は、薬効の高い成分ばかりなので、ブラジルのプロポリスは質が高いと言われています。

一方、ヨーロッパのプロポリスは、ブラジルのような密林があるわけではないですし、強力なウイルスが存在するような過酷な環境でもありません。
それでも、ヨーロッパのプロポリスが良質な理由は、ミツバチが集める植物と関わりがあります。
ヨーロッパのミツバチが集めるのは、ポプラです。
ポプラには、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ですから、少量でも抗菌・滅菌作用があるのです。

ブラジル産とヨーロッパのプロポリスのどちらを選べば良いかわからないという方に、選ぶ時のポイントをご紹介します。
プロポリスに殺菌作用や抗酸化作用を求めるのであれば、ヨーロッパのプロポリス。
プロポリスに生活習慣病や抗がん作用を求めるのであれば、ブラジル産のプロポリスを選んでくださいね。

どちらのプロポリスが良いのかというのは、求める効果によって異なります。
産地に関わらず良質なプロポリスを使いたいという方は、信頼できる会社のプロポリスを購入するようにしましょう。
先程ご紹介した選ぶ時のポイントを参考にして、ご自分に合うプロポリスを使ってみてくださいね! またいくら身体に良いからと言ってもプロポリスの摂取量は守りましょう。
過剰摂取で逆効果を引き起こす場合もあります。